Chuwi ubook Pro 12.3 中華のサーフェスは進化し続けている!

2 min

今では日本でも有名になってしまった中華PCメーカー「CHUWI」から発売されているサーフェスのご紹介です!

スペック

OSWindows 10
ディスプレイ12.3インチIPSディスプレイ , 1920×1280
CPUIntel Gemini Lake N4100
GPUIntel UHD Graphics 600
RAM8GB
SSD256GB
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0
サイズ292×207×9mm
バッテリー5000mAh
重量780g
価格約4万円

ポート類はかなり充実していて、Micro HDまで挿入が可能です!

特徴

ディスプレイ

ディスプレイはIPSディスプレイ、1920×1280のディスプレイとなります。12.3インチのディスプレイなのでこれだけの解像度があれば十分なはずです。

ベゼルは普通程度、画面比率は3:2。

パフォーマンス

プロセッサはIntel Gemini Lake N4100を搭載。GPUは弱いので超ライトなゲーミングはできるかもしれませんが、ゲーム目的ではおすすめできません。

テキスト、ブラウジング、ライトな画像編集あたりには使用できる程度です。

SSDは256GB、メモリは8GB、Windows10で使用するなら十分な容量となっていますが、オフラインでコンテンツを保存したい方には不向きかも。

普通の使い方であれば十分だと思います。

スリムボディー

重量780gは最大のポイントかもしれませんね。どんな時にでも持ち歩ける2-in-1パソコンは本当に便利です。いつでもどこでも作業環境が構築できます。

ペン

本体ディスプレイは、4096の筆圧に対応。これでお絵描きもバッチリですね。

ポイント

良い点

・Intel Gemini Lake N4100

・2-in-1パソコン

・SSD256GB、メモリ8GB

・お絵描きもできる

・重量780g

気になる点

・LPDDR3

まとめ

Chuwi ubook Pro 12.3は、さまざまな用途に対応した2-in-1パソコンです。780gで軽量なので、どんなところでも作業ができるのはいいですよね。

ssd、メモリともに十分。4096の筆圧にも対応しているので、お絵描きを楽しむ方にも向いている端末です。

販売ショップ

Amazon約42.800円
Etoren 
Gearbest
Banggood約44,000円
AliExpress約39,450円

2020年 スマホランキング

OnePlus 8 Pro

  • 6.78インチの2K有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート120Hzのぬるぬるディスプレイ
  • バッテリー4510mAhを搭載しながらも重量199gを実現
  • メインカメラにはIMX689、超広角カメラにはIMX586を使用の超豪華な構成
  • 省電力性、パフォーマンスに優れるメモリLPDDR5
  • 世界最高クラスの30Wワイヤレス急速充電
  • OnePlus初のIP68対応

すべてにおいてハイクオリティなスマホだ!

Huawei P40 Pro

  • 省電力性、バッテリーに優れたHiSilicon Kirin 990
  • 4200mAh、40W急速充電
  • DXO世界最高得点のカメラ
  • 超広角カメラが40MP f1.8超解像度
  • 有機ELリフレッシュレート90Hz
  • 画面占有率91.6%
  • 防水防塵のIP68

Googleサービスが使えなくてもカメラ性能は世界トップ!

Xiaomi Mi 10 Pro

  • 有機ELリフレッシュレート90Hz、180Hzサンプリングレート
  • コントラスト比が5000000:1のディスプレイ
  • 3000m㎡の超でかい液冷板
  • 世界最高DXOオーディオ部門76点のステレオスピーカー
  • 有線50W充電(Pro)、ワイヤレス30W充電
  • LPDDR4xと比べて、転送速度、電力効率が向上したLPDDR5

Xiaomiの最新フラッグシップ!

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です