Mi Band 5 Mi Band 4の20日連続使用バッテリーは捨てがたい

3 min

以前このサイトでもレビューをしたことのあるスマートバンド、Xiaomi Mi Band 4の後継機となるMi Band 5が販売開始です!

価格は約3,000円~、前作が約2,500円~だったので多少の値上げはあるもののやはり安い。

【Gearbest】Mi Band 5

【AliExpress】Mi Band 5

スペック

製品名Xiaomi Mi Band 5Xiaomi Mi Band 4
BluetoothV5.0V5.0
重量19gバンドあり17g(実測定)
ディスプレイ1.1インチAMOLED0.95インチAMOLED
バッテリー125mAh135mAh
解像度126×294120×240
持続時間約14日約20日(それ以上)
充電時間約2時間約1時間
充電方法マグネット式専用卓上フォルダー
防水5気圧防水5気圧防水
互換性Android4.4以上、iOS9.0以上Android4.4以上、iOS9.0以上
価格約3,000円約2,500円

有機ELディスプレイは0.95インチから1.1インチにちょっとだけ大きくなり、バッテリーサイズが135mAhから125mAhに減少。バッテリーの持続時間は20日から14日へと短くなっています。

特徴

デフォルトの文字盤はかなり見やすく進化していますね。Mi Band 4の時のように文字盤の変更も可能ですので、自分の好みの文字盤へ設定して楽しむなんてこともできます。

公式配信からの変更もいいのですが、こういう有志が作っている文字盤も魅力的な物があり遊び方無限大です。

ディスプレイが大きくなったことで、外での視認性は若干あがっています。Mi Band 4のときはランニング時に使用していたのですが、文字が小さくて瞬時に判断できないことが多々あったんですよね。

なのでディスプレイの大型化はかなり好印象です。

本製品は11種類のスポーツに対応。ここら辺はあまり変化していないかな。個人的には自分でボタンを押して計測する形でなくて、自動的にAiが判断して計測してくれるデバイスを望んでいます。

測定に欠かせないのがアプリケーション。Mi FitはXiaomiがつくるアプリなだけに完成度はかなりいいです。

先日レビューしたXiaomi子会社のRedmi Bandは、このアプリ部分の完成度がいまいちでした。

こういうところにもこだわっているデバイスは本当に使い勝手がいいんです。

ezgif.com-optimize - 副本

従来は専用の卓上フォルダにはめ込むめんどくささがありましたが、Mi Band 5ではマグネットを装着するだけで充電が可能です。ここら辺の使い勝手はかなり向上しています。

バッテリー持ちは20日→14日と激減。マグネット式で充電がしやすくなったのでバッテリー容量の減少はそこまでデメリットじゃないかもです。

ポイント

いい点

  • 有機ELディスプレイが0.95インチから1.1インチにUP
  • マグネット式充電
  • Mi Fitアプリが使用可能
  • ストレスモニタリング機能追加
  • 睡眠測定精度が上昇

気になる点

  • バッテリー持ちが20日~14日にダウン

まとめ

Mi Band 4を使っていて唯一の弱点は充電方法でした。その充電方法がマグネット式に代わり、使い勝手はかなり向上していると思います。

ディスプレイのサイズは大きくなり、文字を読む際にも読みやすくなっています。有機ELも変わらず採用されている点もいいです。

【Gearbest】Mi Band 5

【AliExpress】Mi Band 5

Mi Band 4の20日 連続使用バッテリーは捨てがたい

ウェアラブルデバイスってバッテリー持ちがかなり重要だと思っているんですよ。

M iBand 5でマグネット式充電が搭載されましたが、やはり20日から14日への減少は大きいと考えます。

なので最新端末じゃないと嫌だという人以外は国内でも販売されているMi Band 4でもいいかもしれません。ここら辺も検討していただけたらと思います。

2020年 スマホランキング

OnePlus 8 Pro

  • 6.78インチの2K有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート120Hzのぬるぬるディスプレイ
  • バッテリー4510mAhを搭載しながらも重量199gを実現
  • メインカメラにはIMX689、超広角カメラにはIMX586を使用の超豪華な構成
  • 省電力性、パフォーマンスに優れるメモリLPDDR5
  • 世界最高クラスの30Wワイヤレス急速充電
  • OnePlus初のIP68対応

すべてにおいてハイクオリティなスマホだ!

Huawei P40 Pro

  • 省電力性、バッテリーに優れたHiSilicon Kirin 990
  • 4200mAh、40W急速充電
  • DXO世界最高得点のカメラ
  • 超広角カメラが40MP f1.8超解像度
  • 有機ELリフレッシュレート90Hz
  • 画面占有率91.6%
  • 防水防塵のIP68

Googleサービスが使えなくてもカメラ性能は世界トップ!

Xiaomi Mi 10 Pro

  • 有機ELリフレッシュレート90Hz、180Hzサンプリングレート
  • コントラスト比が5000000:1のディスプレイ
  • 3000m㎡の超でかい液冷板
  • 世界最高DXOオーディオ部門76点のステレオスピーカー
  • 有線50W充電(Pro)、ワイヤレス30W充電
  • LPDDR4xと比べて、転送速度、電力効率が向上したLPDDR5

Xiaomiの最新フラッグシップ!

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です