メイン端末をOnePlus7(SD855)からRedmi K30(SD730G)に変えた理由

ここ最近メイン端末をOnePlus 7(SD855)からRedmi 30(SD730G)に乗り換えたので今回はその理由について書いていこうかと思います。Redmi 30は3週間程度使用しています。

スポンサーリンク

デザイン

この個性的なカメラユニットデザインにパープル色がめっちゃ気に入っている。発売前はコイン投入口と散々煽った私ですが、3週間近く使ってみると目が慣れてきました。かっこよくて可愛い、なんか愛せるデザインなんですよね。人間でもそうじゃないですか、完璧な人よりも突っ込みどころがある人間の方が愛せませんか?違いますかね。

背面ゴリラガラス5から金属+プラスチックフレームの緩やかなカーブを描き前面ガラスへと続きます。持ち心地は横幅76.6mmの208 gでも全く違和感なく使用できます。

Game Turbo

Xiaomiのゲーミングモードが本当にいい。僕はブロスタが好きです。野良でやることもあるしマルチプレイだってすることもある。そんなマルチプレイ時に友人をお誘いして待つ時間があるのですが、その際にPIPでブラウジングや別アプリを立ち上げて読み物で時間を潰しています。

その他にも通知関係、タッチレスポンスの調整、タッチ感度の調整、ダイナミックレンジの調整と一通りの機能が揃っているのでもう他社のゲーミングモードには戻れません。

Xiaomi.eu ROM

Xiaomi.eu ROMが快適すぎました。MIUIの不要なアプリ・機能が削られ、最新のMIUI機能を堪能できる。本当に良いこと尽くめです。今後Xiaomi端末を購入した際にはノンタイムでこれを焼こうと思えるくらい完璧に機能しています。

スクリーンオンタイム(SOT)

SOTに関しては非常に優秀。突っ込みどころがないくらい快適です。リフレッシュレート120Hz、輝度50%、アプリ数50個で平均7時間~のSOTとなっています。リフレッシュレートが上がればバッテリー持ちが悪くなるのは事実ですが、Redmi K30は4500mAhの大容量バッテリーのおかげで全く気になりません。

ディスプレイ

Redmi K30の液晶ディスプレイは液晶としては頑張っていると思います。そりゃ、有機ELと比べてしまうと色が薄く、階調は狭く感じてしまうかもしれません。でも、Redmi K30にはリフレッシュレート120Hzがある!!もう本当に快適。スクロール、アニメーションが滑らかすぎて帰ってこれません。有機ELの120Hz出たら戻ってくるかもしれませんが。

カメラ

カメラは時々ハイエンドに勝てる程度の性能です。Redmi K30のカメラの特徴としては、ノイズリダクション強め、周辺の解像感がしょぼめ、カラーが出過ぎて不自然といった印象です。暗所ではノイズが少なく、解像度は高いものの、iPhoneと比べると黒潰れ部分が多く、ソフトウェア的にはまだまだだと感じてしまいました。それでも最新のIMX686の威力はすさまじく、全体的に解像感高め、ノイズが少ない写真に仕上がります。

POCO X2の発表会でもあったAntutu 5回測定時のスコアがコチラ。1回目の279,779点から5回目の280,373点と全くスコアが下がらないばかりか少し上がっている。冷却システムの効果が発揮され、5回測定時の裏面端末温度は43.0℃に落ち着いています。

普段使い時は36℃前後で数値は推移され、少しぬるいと感じることが多いです。けれどフォーマンスは落ちにくく、常にぬるぬるサクサクといった感じです。

パフォーマンス

正直SD855(Antutu V8 460,000点)とSD730G(Antutu V8 275,000点)は比べ物になりません。しかし、YouTubeのバックグランド再生を行い、重いファイルのダウンロードしながらゲームするといった、ながら一族ではない限り大丈夫です。問題ありません。SD730Gでも中級程度のゲームは快適に遊べ、ブラウジングも快適、SNSも快適に使用できます。

まとめ

ということで私はRedmi K30をしばらく(3ヵ月くらい)メイン端末にしていこうと思っています。液晶ですがリフレッシュレート120Hzはやっぱりいい。常にスクロールして、アニメーションを楽しんでいたいくらいです。

ハイエンド端末からミッドレンジ端末へ買い替えるのは勇気がいることだとは思いますが、Redmi K30(RAM8GB)ならお勧めできる選択です。これから上位モデルのPROや他社フラグシップの価格と性能をみて、検討してみるのもいいかもしれませんよ。

購入先

2/11現在

【8GB/256GB 4G】

Amazonで探す業者次第
Gearbest
AliExpress34,111 円
Banggood45,031 円
ETOREN
55,600 円

【8GB/256GB 5G】

Amazonで探す業者次第
Gearbest
AliExpress51,954 円
Banggood59,666 円
ETOREN 73,200 円
関連記事

Xiaomi(シャオミ)サブブランドから発売されているみんな大好きぬるぬるディスプレイスマホのご紹介だー!!今回は1週間使用したRedmi K30 4G(POCO X2)バージョンのご紹介をしちゃうぞっ♡120HzのIPS液晶ディスプレイの[…]

関連記事

先日レビューしたRedmi K30(別名POCO X2)にXiaomi.eu ROMを焼いたよ!今回は2日間使用してのレビューをしていこうかと思います。NFC ,  Pay , Play認証OK。※カスタム系は自己責任でお願い致します。[…]

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク