Redmi Band レビュー この充電方法はおもしろい Mi Band 4との比較

3 min

What is this?

これはXiaomi子会社のRedmiが4月に発売したRedmi Bandですよ!!

スペック

Xiaomi Mi Band 4Redmi Band
BluetoothV5.0V5.0
重量バンドあり17g(実測定)バンドあり19g(実測定)
ディスプレイ0.95インチAMOLED1.08インチ液晶
解像度240×120220×128
持続時間約20日(それ以上)約14日
充電時間約1時間2時間
充電方法専用卓上フォルダーUSBポート直刺し
防水5気圧防水5気圧防水
互換性Android4.4以上、iOS9.0以上Android4.4以上、iOS9.0以上
価格約2,500円約1,500円

ディスプレイ

ディスプレイは1.08インチ液晶を搭載し、Mi Band 4の0.95インチよりも大きくなっています。その代わり、有機ELから液晶へと変化しているため、色合いが若干薄いです。また、有機ELよりも応答速度が鈍く、タッチレスポンスもいまいち。Mi Band 4が思い通りにサクサク快適に動作するのに対して、Redmi Bandはちょっと待たされる感じがします。

外での視野角では大差ありませんが、Mi Band 4有機ELの方がよく見えています。

UI

Redmi Band

UIはMi Bandとほぼ変わりありません。といいますか、すべて同じです。

大陸版を買ったため中国語となっていて、接続端末を英語圏にすれば英語になる仕様もそのままでした。

アプリケーション(Redmi独自)

アプリケーションはRedmi Band独自のアプリを使用します。アカウントはMiアカウントでインして同期する仕組みです。

こちらがアプリ側のUIです。Mi Fitと少し似ていて機能もほぼ同じですが、欠けている部分もいくつかあります。また、アプリ言語は英語固定でした。

フェイスを取り換えることもできますし、通知設定、活動量を後から見返すことも可能。一般的なヘルスアプリとなっています。

Redmi ヘルスアプリはできてまだ日が短いので仕方がない部分はあります。これからが楽しみです。

測定精度Redmi VS Xiaomi

こちらがMiBand

こちらがRedmi Band

同じ時間、両腕に付けて過ごしていましたが、甲乙つけがたい結果となりました。

どちらが優れているかはわかりません。

サイズ・付け心地

付け心地もMi Band 4がいいです。Redmi Bandは端子がバンド部分に搭載されているので、このように折り曲げた時に硬い部分の面積が大きいんです。

それに比べてMi Band 4は小型なのでどんな腕にでもフィットします。

一番の見どころ充電方法

Redmi Bandの充電方法は特殊で、バンドの接続部分を取り外してそのままUSBポートに差し込む仕組みとなっています。

使用感としてはかなり使いずらいです。一見マグネット式充電器を探して方向を合わせてはめるよりも楽そうには見えると思います。しかし、実際に使用してみるとこのバンド部分が硬くてスムーズに外せないのです。しかもかなり力が必要で、コツをつかんでいない状態でやると折れる勢いです。

なので充電方法はMi Bandタイプのマグネット式充電が優れていると思いました。Redmi Bandの充電速度も直刺しにしては遅く、公式スペック通り2時間という感じです。

Redmi Band対Mi Bandまとめ

ディスプレイ・付け心地・レスポンス・充電方法、どれをとってもMi Band 4の圧勝です。

といいますか、このMi Band 4、完成度が高すぎてこの価格帯の活動量計ならこれ一択です。ただ、冒険していみたい人、Redmi初のウェアラブルデバイスを試してみたい人にはいいかもしれません。

この感じですと2も出そうですし、どのように進化していくのか楽しみです。

【Gearbest】Redmi Band

2020年 スマホランキング

OnePlus 8 Pro

  • 6.78インチの2K有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート120Hzのぬるぬるディスプレイ
  • バッテリー4510mAhを搭載しながらも重量199gを実現
  • メインカメラにはIMX689、超広角カメラにはIMX586を使用の超豪華な構成
  • 省電力性、パフォーマンスに優れるメモリLPDDR5
  • 世界最高クラスの30Wワイヤレス急速充電
  • OnePlus初のIP68対応

すべてにおいてハイクオリティなスマホだ!

Huawei P40 Pro

  • 省電力性、バッテリーに優れたHiSilicon Kirin 990
  • 4200mAh、40W急速充電
  • DXO世界最高得点のカメラ
  • 超広角カメラが40MP f1.8超解像度
  • 有機ELリフレッシュレート90Hz
  • 画面占有率91.6%
  • 防水防塵のIP68

Googleサービスが使えなくてもカメラ性能は世界トップ!

Xiaomi Mi 10 Pro

  • 有機ELリフレッシュレート90Hz、180Hzサンプリングレート
  • コントラスト比が5000000:1のディスプレイ
  • 3000m㎡の超でかい液冷板
  • 世界最高DXOオーディオ部門76点のステレオスピーカー
  • 有線50W充電(Pro)、ワイヤレス30W充電
  • LPDDR4xと比べて、転送速度、電力効率が向上したLPDDR5

Xiaomiの最新フラッグシップ!

タグ:
関連記事

2 件のコメント

  1. こんにちは、Xiaomi miband5を購入する予定はありますか? もしよかったらレビューして欲しいです!

    • コメントありがとうございます。
      5気になりますよね!
      現段階では購入予定に入っています(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。